« 聖なる夜に | トップページ | 僕は今しか生きられない »

分からなくてもいいのです

動けない時、ほとんどの場合、
頭の中が、何かでいっぱいになっています。

考えることが忙しすぎて、消耗していて、
行動できなくなっているのです。

そんなときは、とりあえず分かろうとするのをやめてみるのです。

それが何なのかを理解しようとせずに、ただ観察し、

分からないままに、そこにあることを受け入れるのです。



分からなきゃいけない、理解しなくちゃいけない、
~しなくちゃいけないという義務感は、
自由な動きが制限されてしまうから、

分かろうとするのを止めてみるのです。


たとえ分らなくても、その存在を認めることはできます。


なぜ飛ぶのかが分からなくても、飛行機に乗れるように。
なぜ話せるのか分からなくても、携帯電話を使えるように。


人生で体験していることも同じように、
なぜなのかが分からなくても、対処することはできるのです。


分からないことを分からないままに受け入れること。

確かにそこに存在しているのですから。

« 聖なる夜に | トップページ | 僕は今しか生きられない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ