« 35億 | トップページ | 選択の自由 »

受け流し

年度末、また新学期を控えて、
何かとあわただしく、気忙しい時季です。

こんなときに起こる問題は、
根本的に解決しようとせずに
適度に受け流すことも大切。

自分自身も、関係者も、忙しくて余裕がないなかで、
解決を目指すと、どこかで無理が生じてしまいます。

とりあえず、この忙しい時季を乗り切ろう!
という目標の方が、ともに協力しやすくなります。

受け流すというのは、
とりあえずは差し出されたものを「受け取る」のです。
受け取ってもらえると、差し出した方も、納得することができます。

無関心や拒絶には、反発を感じますが、
受け取ることで、同じ方向を向いていると感じることができます。

受け取った後、それをいつまでも握りしめていると、
それが重荷になりますが、
流すというのは、それを自然の流れにのせること。
自然の流れを信頼して、手放すのです。


受け流して、解決の好機を待つのです。






|

« 35億 | トップページ | 選択の自由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事