« 感情の正体 | トップページ | 自分の本当の価値を知る »

罪悪感の正体

過去に誰かを傷つけてしまった罪悪感で、
自分のことを傷つけるような行動をしても、
それは罪を償うことにはなりません。

罪悪感からの行動は、
傷つけてしまった人をさらに深く傷つけてしまいます。

あなたが罪悪感を持つほどに、
あなたは、傷つけたと思っている相手の方に、
「傷ついた可哀そうな人」というレッテルを張り続けていることになります。

あなたがレッテルを張り続ける限り、
あなたの前でその方は「傷ついた可哀そうな人」であり続けます。
その方が、たとえ傷ついていたとしても、
それを乗り越えて自らの幸せを掴もうと前進している
その足を引っ張っているのです。

自分の幸せを諦めてしまった思考の中で、無意識のうちに、
あなたは、その方との出会いについて後悔し続けています。

出会わなければ、
お互いにもっと幸せな人生を送れたかもしれないと、
後悔し続けているのです。

過去の出来事を変えることはできません。
過去の出来事を無かったことにはできません。

でも、その捉え方を変えることはできます。
そして、未来を変えることはできます。

抱えていても何の役にも立たない罪悪感を手放して、
感謝と愛と信頼を取り戻していきませんか?
アデプトプログラムで。

出会えたからこそ知ることができた心の痛み。
そしてゲームや飲酒などでその痛みを誤魔化すのではなく、
しっかりとその傷を癒して、
あなたの内側にある生命への愛と信頼を取り戻していきませんか?
アデプトプログラムで。





|

« 感情の正体 | トップページ | 自分の本当の価値を知る »

アデプトプログラム」カテゴリの記事