« 北風と太陽と | トップページ | 瞑想のススメ »

インディゴブルーの宇宙

知人の息子さんの話。

服装にまったく無頓着なのだとか。

弟の服を間違って着ては、
弟に怒られて、

お父さんのお下がりを着て、
これで十分と喜んでいたりとか、

修学旅行で、クラスメイトが脱いだ服が、
たまたま彼の鞄の上にのっていたので、
それをそのまま着てしまったりとか。


母親である知人は、困っていたけれど、

私は、彼のような特性を持った人が、
世界を平和へと導くのだと思うのです。



彼には、物に対するこだわり、執着がありません。


よくよく歴史を振り返って考えてみると、
物への執着が、争いを巻き起こすのです。

簡単に言えば、
「ここは俺の土地だから入ってくるな!」
という考え方が、人との衝突、争いをうむのです。


少ないもので我慢するのではなく、
そこにあるもので、ニコニコと満足できる彼のような子供たちが、
世界に穏やかさと平和をもたらすのではないかなと思うのです。


« 北風と太陽と | トップページ | 瞑想のススメ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512381/66699113

この記事へのトラックバック一覧です: インディゴブルーの宇宙:

« 北風と太陽と | トップページ | 瞑想のススメ »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ