アデプトプログラム

自分の本当の価値を知る

人生は修行でもないし、我慢比べでもないので、
辛いこと、やりたくないことを、無理して続けなくてもよいですが、
どうせ自分には無理だから・・・と諦めてしまっているとしたら、
それは、「ちょっと待った!!!」です。

その、自分には無理だから・・・
私の実力はこんなもんだから・・・

という自己評価が、実は間違っていたとしたら、

どうでしょうか?

例えば、あなたが大空を翔る鳥だったとして、
自分では高さ50mまでが、
自分の飛べる高さの限界値だと思い込んでいたところに、

神さまがやってきて、
「お前は1000メートル以上の高さまで飛べるよ」
と教えてくれたら、
きっと、あなたは
1000メートル上空の世界を体験してみたいと思うでしょう。

例えば、あなたが草原を翔る馬だったとして、
自分では時速10キロまでが、
自分の走れる速さの限界だと思い込んでいたところに、

神さまがやってきて、
「お前は時速100キロまで走れるよ」
と教えてくれたら、
きっと、あなたは
時速100キロの世界を体験してみたいと思うでしょう。


あなた自身が思っているあなたの実力は、
思い込みと勘違いで、相当に下方修正されています。

本来は失敗を重ねることで、工夫をして、上達をして、
次第に上手に出来るようになっていくところを、
現代の日本の学校教育は、社会は、
失敗に対して不寛容です。

一度の失敗で、向いていない、出来ないと、
判断してしまうことが多いのです。

あなたの、本当の実力は、そんなもんじゃないのです。

あなたの持って生まれた可能性の数パーセントしか、
まだ目覚めていないのです。

眠らせたままだなんて、勿体ないと思いませんか?

あなたはあなた自身が思っている以上に素晴らしい存在なのです!!

|

罪悪感の正体

過去に誰かを傷つけてしまった罪悪感で、
自分のことを傷つけるような行動をしても、
それは罪を償うことにはなりません。

罪悪感からの行動は、
傷つけてしまった人をさらに深く傷つけてしまいます。

あなたが罪悪感を持つほどに、
あなたは、傷つけたと思っている相手の方に、
「傷ついた可哀そうな人」というレッテルを張り続けていることになります。

あなたがレッテルを張り続ける限り、
あなたの前でその方は「傷ついた可哀そうな人」であり続けます。
その方が、たとえ傷ついていたとしても、
それを乗り越えて自らの幸せを掴もうと前進している
その足を引っ張っているのです。

自分の幸せを諦めてしまった思考の中で、無意識のうちに、
あなたは、その方との出会いについて後悔し続けています。

出会わなければ、
お互いにもっと幸せな人生を送れたかもしれないと、
後悔し続けているのです。

過去の出来事を変えることはできません。
過去の出来事を無かったことにはできません。

でも、その捉え方を変えることはできます。
そして、未来を変えることはできます。

抱えていても何の役にも立たない罪悪感を手放して、
感謝と愛と信頼を取り戻していきませんか?
アデプトプログラムで。

出会えたからこそ知ることができた心の痛み。
そしてゲームや飲酒などでその痛みを誤魔化すのではなく、
しっかりとその傷を癒して、
あなたの内側にある生命への愛と信頼を取り戻していきませんか?
アデプトプログラムで。





|

幸せの道しるべ

誰かに褒められたいとか、
誰かに認められたいとか、

そんなことを求めていると、

自分のやりたいこと、好きなことが行方不明になってしまう。

しなくちゃいけないこと、周りに求められることの中で、
行き先が分らなくて、迷子になってしまう。

称賛のようなプラスであっても、
嫉妬や非難、批判のようなマイナスであっても同じこと。

他人の評価を気にすることなく、
あなたが「なんて楽しいのだろう!」と感じることに取り組むことなしでは、
あなたは人生の充足感を得ることができません。

「なんて楽しいのだろう!」と感じることができれば、
他人がなんと言おうと気にならなくなります。

それが、自分への信頼、自信に繋がります。

あなたは、幸せになるために生まれてきたのです。

あなたは、自分自身を幸せにする責任があります。

そして、あなたの大好きなことは、
あなたを幸せに導く大切な道しるべです。

|

夢見る力を取り戻そう!

あなたには夢がありますか?

あなたの叶えたい夢は何ですか?

夢を見るのに、年齢制限はありません。

資格も、地位も、お金も、何も必要ありません。

夢とは、あなたの実現したいこと。
それは、あなたの内側から湧き上がってくる「やってみたい」という想いです。

「やってみたい」というあなたの想いが、
あなたの行動の原動力となるとき、あなたは真の自由を手に入れます。

自由とは「自らを行動の理由とする」という意味なのです。

幼い子どもの頃に、誰もが夢見る力を持っていました。

大人になる過程で見失ってしまったその力を取り戻しましょう。

アデプトプログラムで、
あなたの持って生まれた力を最大限に発揮した人生を送りましょう。

|

重い想いから自由に

人の想い、感情というのは、実はとっても重い。

親や周囲の期待とか、責任とか、配慮とか。

実はそれらは重さを持ち、あなたのオーラに絡みついて、
あなたの思考や行動を制限しています。

まるでもつれた毛糸玉のような、
ほどこうとしてもほどけないその他者の感情を、
DNAアクティベーションのセッションにおいて、
きれいさっぱり取り払ってしまいます。

そうすると、自分の感情を扱いやすくなります。
自分が何がしたいのか、何を求めているのかがわかりやすくなりますよ。

例えば子供のころに、親から言われ続けたことは、
気付かないうちにあなたの行動を制限しています。

「あなたは〇〇が苦手よね」と言われ続けることで、
〇〇を試したことがないのに、苦手意識をもってしまうようなことがあります。

小さな子どもは虫を怖がったりしないけれど、
親が怖がってみせることで、子どもも虫を怖がるようになります。

DNAアクティベーションで、自分でないものの影響から自由になるのです。


その自由な状態を維持し、自分らしさを発揮し続けるために、
アデプトプログラムの受講をお薦めしています。

自分のエネルギーの領域を
他者の影響からしっかりと護る方法を知ることができます。

なぜ影響を受けるのか?この世界の仕組みを知ることができます。

宇宙と調和した生き方へと、人生をシフトさせていきませんか?

この夏、アデプトプログラムを!!




|

アデプトプログラムをなぜお薦めするのかというと

仕事や家庭、人間関係、恋愛などなどにおいて、
何か困ったことや問題が発生したときに、
魔法使いがやってきて、
「魔法でその問題をあっという間に解決してあげましょう」
と声をかけてくれたら、
思わず頼んでしまうかもしれません。

魔法使いに解決してもらったら、その時は楽になり、自由になれるかもしれません。

ところが、人生の中で、同じような問題が発生する度に、
魔法使いに頼りたくなってしまいます。

自分の人生の問題なのに、自分では解決できずに、いつも魔法使いにお任せ・・・
魔法使いから離れて生きていくことができない状態になってしまいます。
〇〇が無いと生きていけない
―不自由な、枠組みにとらわれた状態になってしまいます。

アデプトプログラムは、真の自由な生き方をもたらします。

宇宙の法則、地上の法則、あなたの本当の可能性を、知ってください。

そうすると、自分の人生の問題を、
宇宙の視点からみることができるようになり、真の理由、仕組みが解ります。

そして問題の解決方法を見出すことができます。

たちどころに問題が消えてなくならなくても、順を追って解決していくことができ、
そのプロセスの中で色々なことに気付き、学び、成長していくことができるのです。

アデプトプログラムを学ぶことは、
自分自身が、自分の人生の魔法使いになることなのです。

一生ものの魔法を自分の人生のために♪

Adeptbanner2 Formbanner_2

|

あなたの大切な人のために

アデプトプログラムを受けることで、
自分自身の持っている可能性を表現する力が、
10倍になると言われています。

今すでに表現できている人も、さらにパワーアップしていくのです。

例えば、パフォーマンスの場所が
公民館からコンサートホールになるような感じです。

あなたがアデプトプログラムを受けることの波及効果は、
あなたのご家族や大切な方へも及びます。

もちろん、あなたのまだ見ぬ大切な方へも。

魂レベルで交わした約束を、その手で引き寄せませんか?






Adeptbanner2

Formbanner_2

|

創造的な人生を

自分の意思で決めたのではないことを繰り返す毎日。

例えば、9時から5時までの会社勤めの方のウィークデーの日常。

それは、やはり、気づかないうちに無理をしていたり、我慢をしていたりするので、
どこかで息抜きをしたり、ストレスを発散をしたりすることが必要になります。

ストレスを時々発散するだけで、繰り返しの毎日が続いていると、
だんだん、自分自身で考えることが無くなってしまいます。

指示されたことを的確にこなすために、ある部分が思考停止状態になっていきます。

そのある部分というのが、本当の自分の気持ち。
本当は何がしたいのか?
何を感じているのか?

本当の自分の気持ちに気付かない方が、
繰り返しの毎日の中で、機械的に義務をこなしていくことができるから。

思考停止の状態は、自分からは何も表現しない、創造しない状態。

もし、繰り返しの毎日に、
退屈を感じていたり、もう抜け出したいと感じていたりするのなら、
それは、あなたの内側からのメッセージ。

自分らしく何かを表現したい!何かを創りたい!という心の声。


もし、繰り返しの毎日に、
疑問も感じずに、それなりに適応できているのなら、
そろそろ立ち止まって考えてみるとき。

今の仕事が、あなたの人生の全でいいのか?
本当にあなたのやりたいことなのか?


あなたは、あなたにしかできないことがある。
あなたが胸躍らせる何か。
あなたの生命を輝かせる何か。
あなたの人生を賭けるに値する何か。


その何かに出会うために、
この世界、宇宙、人生の本質について、
理解するための学び。。。それがアデプトプログラム。

Formbanner_2




|

ちっぽけってなんだ?

人はちっぽけな存在です。

自分の思い通りにいかないことが多いので、
何もできないように感じるけれど、
無力で、愚かであるように感じるけれど、

そこに存在しているだけで、
何かを生み出したり、壊したり、
何かと繋がったり、繋げたり、
何かを復活させたり、変化させたり・・・
そんなことが出来るのです。

大自然の美しさ、多様さ、複雑さ・・・
それらを創造した大いなる存在の偉大さに比べると
人間はなんてちっぽけな存在なのかと感じるけれど、

人もまたその自然の一部なのですから、
その偉大さ、美しさを、生まれながらにして持っているのです。

探求するのは、あなたの内側です。






|

演じることをやめる

自分が何を求めているのかということよりも、

人の役に立たなければいけないとか、
人に迷惑をかけてはいけないとか、
人に嫌われたくないとか、

他者の顔色や世間体のようなものばかりを気にして、
自分ではない誰かを演じて生きているとき、
そして演じていることに気付いていないとき、
それはとても苦しいのではないでしょうか?
どこまでいっても、満たされることがありません。

その苦しみから逃れるために、
他者に認められて評価されようとしても、
満たされることはありません。

自分ではない誰かが評価されても、
満たされない自分が置き去りにされます。

自分の本音で生きること。
他の誰かになろうとせずに、ただ自分であること。

そしてその自分の可能性を探求していくこと。

自分自身の探求に、情熱を注いで生きていくこと。

アデプトプログラムは、参加者の人生の方向性を変化させます。

10月15,16日 20,21日 24日他 ご希望の日程でも開催応相談。


Adeptbanner2

Formbanner_2

|

より以前の記事一覧